iサイクル注文ってどうなの?

外為オンラインの「iサイクル注文」がブログや雑誌などのメディアで取り上げられています。

FXをやっている人で特に自動売買に興味がある人なら気になりますよね。

当サイト管理人もこのiサイクル注文がめちゃくちゃ気になったので、どんな注文なの?ほんとに儲かるの?ということを徹底的にリサーチしてみました。

iサイクル注文のことが気になっている人はぜひ読んでみてください(^O^)/

キャンペーンを使って外為オンラインの口座開設をするべし

iサイクル注文は外為オンラインの自動売買システムなので、実際に使うかどうかは後で決めるとしてもまずは外為オンラインに口座開設をしておきましょう。

FXの口座を持っている人はみなさんよく知ってる通り口座開設と意地の手数料は無料なので口座開設しておいて損はありません。

逆に後から口座開設しようとするとまたそこから口座開設に時間がかかってしまうので、その分の時間をムダにしないために今のうちに口座開設の手続きは済ませておきましょう。

特にキャンペーンを使って口座開設して条件をクリアすればキャッシュバック分はプラスからスタートができます。

現在の外為オンラインのキャンペーンは10万円以上入金して、新規で100万通貨以上取引すると5,000円がキャッシュバックされるという内容です。

iサイクル注文は自動で何度も取引するスタイルなので設定次第にはなりますが、100万通貨以上取引というハードルもそこまで高くはありませんのでぜひこのキャンペーンを使って口座開設してみてください。

iサイクル注文のメリット

iサイクル注文は相場の波に合わせて自動で注文をしてくれるタイプの自動売買システムです。

売買は全て自動でやってくれるので相場を監視したり、自分で売買のタイミングをみはからって取引する必要はありません。

iサイクル注文の特徴としては、相場というのはある程度同じ様な幅で波ができていて、それが連続して繰り返しているのが大変です。よくレンジ相場というのは大きな波がなく小さな波が繰り返して起こっていることを言います。

レンジ相場になったら波の底で買って頂点で売るということが繰り返すことができれば、理論的には利益が出せるということなります。

ただこれを自分の判断だけでやろうとするのは相場に張り付いていないとできません。またどうしても自分の主観も入ってしまうので機械的に取引するのは難しいです。

iサイクル注文の様な自動売買はこれを全て自動でやってくれるのでこういったレンジ相場に強いです。

ただこのレンジ相場はずっと続く訳ではなく、一定のレンジで動いたあとにそのレンジを抜けて次のレンジへと動きます。

この場合は波の一定の幅を超えてしまうので自動で売買するのは難しいかと思いきや、iサイクル注文で使えるようになったトレンド機能ではその波も追いかけてまた次のレンジで自動売買をしてくれるんです。

この機能を使って一度設定してまえば自分ですることはほとんどありません。

iサイクル注文のデメリット

iサイクル注文のデメリットとして取引手数料がかかるということです。

FXでは自分で注文して決済する時はほとんどのFX会社で取引手数料は取られません。10年ほど前には逆にほとんどのFX会社で取引手数料を取られたのですが、FX業者の競争が激しくなってほとんどの業者で取引手数料は無料になりました。

ただ自動売買ではシステムを使っているのでその利用料は取られない代わりに取引手数料がかかるというところがあり、iサイクル注文では1,000通貨当たり片道20円がかかります。10,000通貨なら片道200円、往復400円かかることになります。

できれば無料がベストですが、ほったらかしで取引してくれるので利益が出るのなら全く問題ありませんね。取引手数料がかかるというデメリットがあるということだけは覚えておいてください。

ページの先頭へ